スキンケアの達人

   

10代に必要となるスキンケア方法

10代の肌は潤いを維持できる非常に美しい状態です。しかし20代、30代と年齢が経過していくうちに、肌の保湿力は低下していきます。またターンオーバーのサイクルも乱れることになり、しみやしわなどの肌トラブルにもつながることになるでしょう。これらのことから、20代以降の場合には、保湿ケアが非常に重要なものとなります。10代の場合には、同じように保湿をメインとしたスキンケアを行った場合には、かえって肌に良くない影響を与えることもあるため注意が必要です。
10代の肌の状態としては、ホルモンバランスが大きく影響をすることがあります。肌にとって必要ないスキンケアを続けていれば、肌には余計な負担を与えることになり、ホルモンバランスが安定していないので、肌のトラブルは反対に招いてしまうことにもなります。そのため重大な肌には、適したスキンケア方法が求められます。
10代のスキンケアで最も大切になるのが洗顔の方法です。洗顔する際のポイントは、肌の汚れをしっかり落としながらも、肌に負担をかけないことです。洗顔の際に、汚れを落としたいからと、力を入れてごしごしと洗っている人もいるかもしれませんが、この洗い方では肌に大きなダメージを与えてしまいます。肌にダメージを与えれば、肌の劣化にもつながり、特に目の周りや口元などの皮膚は非常にうすくデリケートな部分であるため、できる限り負担をかけないような洗顔方法が重要です。
10代の場合には、ニキビに悩んでいる人も多いかもしれません。その原因としては、皮脂が過剰に分泌されることによるものです。そのため洗顔を行い不必要な皮脂をとるのがあるでしょう。皮脂を取り除いて肌をきれいな状態を保つためにも、洗顔の手順を押さえておく必要があります。洗顔の手順としては、までは手を清潔に洗いましょう。汚れた手で洗顔をすれば、当然のことながら顔に汚れが付着することになります。また洗顔料が泡立たなくなることもあるでしょう。洗顔前には手をよく洗う必要があります。
手をきれいにすることができたらいよいよ洗顔です。まずはぬるめのお湯で顔を洗いましょう。こうすることにより、顔の毛穴をひらかせることにつながります。毛穴が開けば、毛穴につまっている汚れも取れやすくなることでしょう。しかしこの時にお湯が熱過ぎてしまうと、肌に必要ない皮脂までも落としてしまうことがあるので注意しましょう。洗顔料をつける際には、直接顔につけるのではなく、十分に泡立ててから使うことが大切です。洗顔料をしっかりと泡立てることによって、肌をごしごし洗う必要がなくなります。しっかりと泡立てることができたら、皮脂が多く分泌されるおでこと鼻の部分をまずは洗っていきます。洗顔料は肌に触れるか触れない程度の優しさで、なでるように洗うことが重要です。次にほほを洗い、最後に目元と口元を軽く洗いましょう。目元や口元は非常にデリケートな部分なので、どこよりも優しく、また素早く洗うことが重要です。最後に洗顔料が顔に残らないようにぬるま湯で洗い流していきます。この時も肌をこすらないように十分に注意しましょう。おでこやフェイスラインなどは洗顔料が残りやすい部分でもあるので、特に念入りに洗います。洗顔が終わったら水分をタオルで拭きとりますが、この時に肌に押し当てるようにやさしく拭くことがポイントです。
洗顔後のスキンケア方法としては、保湿の基本となる化粧水と乳液を使うようにします。保湿を行うことにより、肌トラブルを防ぐ効果が期待できます。化粧水は肌がかさかさと乾燥しやすい場合にはしっとりタイプ、べたつくことが多いのであればさっぱりタイプを選ぶと良いでしょう。乳液を付ける場合には、手でそっとおさえるようにするのが重要です。特に目元や口元の部分は乾燥しやすいので、多めにぬることを心がけましょう。

ニキビ , ホルモンバランス , 乳液 , 化粧水 , 洗顔