スキンケアの達人

   

知っておきたい美白のためになるスキンケア

「何となく肌がくすんできた気がする」、「肌の色が暗くなってきた気がする」そんな悩みを持っている人もいるのではないでしょうか。透明感のある白い肌は清潔で健康的な印象を与え、見る人は美人であるように感じられます。そのためスキンケアをして美白することで、美人を目指すことも可能であるといえます。

日焼けすることで、肌のトーンが暗くなるということはよく知られているとおりですが、肌がくすんで暗くなる原因はそれだけではありません。日焼けや肌に負担がかかるようなスキンケアをしていることで、メラニンが溜まった場合、色素が沈着してしまいますが、そのほかにも古い角質が溜まっていることや血行が良くないこと、乾燥なども肌の色が暗くなる原因となります。スキンケアでこれらの原因に対処すれば、美白を目指すことができるのです。

色素沈着をしないようにすることは、美しい肌を目指すためのスキンケアでは大切なことです。たとえ肌を白くするような効果があるとされる石鹸を使用したとしても、使い方次第では逆効果となってしまうことにもなりかねません。長時間かけて顔を擦り洗いしたり、洗顔するときに冷たすぎる水や熱いお湯を使用していると、肌を傷めてしまうことがあります。

美白を意識してスキンケアをするのなら、洗顔にはぬるいお湯を使用するのがおすすめです。33度から35度くらいのぬるいお湯を使い、洗顔料はネットを使用してよく泡立てます。その泡のみが肌に触れるように優しく泡で顔を洗いましょう。この時には手で擦らないようにし、短時間で終えるのがポイントです。洗顔後、タオルで顔を拭くときにも、水分をタオルで押さえて吸い取るようなイメージで行います。ゴシゴシ擦るのは肌に負担がかかり、色素沈着の原因になることがあるので避けましょう。

洗顔後は、化粧水や美容液・クリームなどを使い保湿しておきます。前述したとおり、乾燥も肌のくすみの原因となることがあるので、顔の汚れや余分な皮脂を洗い落とした後には、スキンケアをしておくのがおすすめです。美白の成分が含まれている化粧水や乳液・美容液などを使うのも良いでしょう。ただし肌に合っていないものを使用するのも肌トラブルの原因となることがあるので、肌に合うものを選ぶことが大切です。
ピシャピシャと顔を叩くようにして化粧水を使用するクセのある人も中にはいるかもしれません。これは肌のためにはあまり良くない習慣ですので、もしそのような化粧水の付け方をしているのなら、この機会に変えてみると良いでしょう。美白を意識して肌のケアをするのなら、手のひらに取った化粧水は肌に押し当てるようにして付けるようにします。このときも擦らないようにするのがポイントです。肌に成分を染みこませるイメージで両ほほ・額・あごなどへ手のひらを肌に押し当てるようにしましょう。

このような洗顔や化粧品などで肌の美白を目指すのなら、肌のターンオーバーも意識して生活をすることもプラスになるのでおすすめです。食生活や生活習慣が乱れていると、肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーが上手くいかなくなり、肌トラブルになることもあります。一方、これらに気をつけた生活をしていると、肌の調子が良い・肌理が整っているという状態になりやすいです。
化粧品を使用したり洗顔方法に気をつけるなどして、肌の外側からケアすることにくわえ、バランスの良い食事をしたり十分な睡眠をとったりすることで体の内側からケアをすることが出来るでしょう。またあまりストレスを溜めないようにすることも、肌の調子を整えることに繋がります。ゆっくり湯船に浸かってリラックスしたり、良質な映画やドラマを鑑賞してストレスを解消したりするのも良いでしょう。

洗顔 , 生活習慣 , 美白