スキンケアの達人

   

正しいスキンケアの順番を知り美肌を手に入れよう

多くの女性が毎日スキンケアを行っていますが、自分の行なっている方法に自信を持っている人は少ないかもしれません。スキンケアは正しい順番で行わなければ、効果は半減しまいます。正しい方法をマスターすることで、将来の肌にも圧倒的な差がでるため、しっかりと覚えておきましょう。
まずスキンケアの順番は朝と夜では異なります。その理由としては、その目的が異なるからです。朝に取り入れる目的としてはまず第一に肌を守ることが挙げられます。日中の肌は紫外線や花粉、ほこりなどの刺激にさらされ続けることになります。肌が乾燥していれば特にダメージを受けやすくなるので、特に保湿を行うことが重要といえます。紫外線から強いダメージを受ければ、それがシミになることも考えられるので、しっかりと紫外線対策も行わなければなりません。若いうちであれば、たとえ日焼けをしてしまったとしても、ターンオーバーが活発に働いているため、すぐに元通りに戻るでしょう。しかし年齢を重ねればターンオーバーの周期も長くなっていくことから、すぐに戻ることはありません。また睡眠中の汚れを落とすことも一つの目的です。睡眠中には汗をかいたり皮脂が分泌されたり、たとえ睡眠をとるだけが想像以上に顔が汚れるものです。その状態でメイクをしたとしても、化粧のノリが悪く、さらには肌に刺激を与えることになるので、しっかりと汚れを落とすことも重要です。
反対に夜に取り入れる目的としては、肌の修復が挙げられます。夜は外部からの刺激をそれほど受けることがないので、美肌を作るには最適な環境といえるでしょう。睡眠中には成長ホルモンも分泌され、肌の細胞分裂も活発に行われるので、新陳代謝も活発になります。新しい肌細胞が生まれる時間帯にもあたるので、美容成分を含んだ美容液を使うことも大切です。また日中の肌ダメージや汚れのケアを行う必要もあります。お手入れを怠ればダメージが蓄積して、さまざまな肌トラブルを引き起こすことにもつながります。
このように目的が異なるので、朝と夜のスキンケアの順番は異なります。朝に取り入れる正しい順番としては、まず洗顔をします。睡眠中に汗をかいたり皮脂が分泌されるので、これらをしっかりと落としましょう。水だけで洗顔する人も多いかもしれませんが、これだけでは汚れが落ちないので、固形石けんや洗顔料などを使用します。肌に水分を与えるために化粧水を塗って美容液を使いますが、美容液の使用は朝は特に必須ではありません。乳液やクリームで化粧水の水分を閉じ込めることができるでしょう。日中には外部から多くの刺激を受けることになるので、乳液やクリームは使用量を増やすと効果的です。最後に紫外線対策としてUVケアを取り入れます。
反対に夜のスキンケアの順番としては、まず最初にクレンジングを行います。クレンジングは種類により洗浄力が異なるので、その日のメイクの濃さによってクレンジングの種類を使い分けましょう。その後洗顔を行い、クレンジングの洗い残しや古い角質などの汚れをしっかりと落とします。入浴後には水分が蒸発してすぐに乾燥を招くので、時間をあけずにすぐに化粧水を使います。美容液は夜にこそ効果を発揮するので、ここでしっかりと使います。乳液とクリームで保湿を行いますが、夜は外部の刺激をあまり受けることがないので、朝よりも使用量は少なめで問題ありません。
このように朝と夜ではスキンケアの順番も異なり、アイテムを使う量にも差があるので、しっかりと使い分けることが大切です。使うタイミングや肌に適した量を把握したうえで、自分にとって正しい方法を取り入れるようにしましょう。これにより美肌を手に入れることにつながります。

クレンジング , 乳液 , 日焼け止め , 洗顔 , 花粉症