スキンケアの達人

   

乾燥肌と揺らぎやすい春先のスキンケア

春先のスキンケアというのは、毎年悩まされることが多いです。それというのも、この季節は花粉症がひどくて皮膚の薄い部分であるまぶたの周りが痒くなってしまいます。さらに、乾燥肌がひどくなるので春は悩み多き時期で毎年困ってしまいます。そんな時に大切なのがしっかりと肌の保湿をすることです。肌が乾燥しやすいので、できればコットンパックを使って肌の保湿をしっかりとすることが肌の乾燥予防に効果を発揮します。コットンにたっぷりと染み込ませておいたコットンをお肌に貼り、5分ほどパックします。そうすることで肌の浸透力を高めて乾燥を防ぐことができます。コットンに含ませた化粧水が肌に染み込み、肌の保湿力を高める効果をもたらすのでおすすめです。化粧水をたっぷりと吸収したお肌というのは、保水力があるのでハリのあるプルプルのお肌になります。肌に保水力を高めておくことで、乾燥や花粉に対するバリアを高めることができるため、乾燥肌が気になるのであれば、まずは何よりも先に肌をしっかりと保水することを第一に考えるようにしましょう。化粧水はケチらずにできるだけたっぷりと使うことで、肌の乾燥を防いで潤いのある肌を維持することにつながるのです。
しっかりと肌を保湿したら、今度は水分を十分に吸収した肌を保護するための美容液または美容オイルを使用することを推奨します。化粧水だけでは水分が時間の経過とともに乾いてしまうので、必ず美容液または美容オイルを用いて肌の保護をすることです。美容オイルは、特に肌の表面に膜を貼って肌を保護する役割を果たします。乾燥や花粉による刺激から肌をしっかりと守ることができるので、忘れないようにお肌をブロックすることが大切です。美容オイルはできるだけ天然成分を配合した肌に優しく、それでいて刺激の少ないものを選ぶことです。春先というのは肌が揺らぎやすく、刺激に対する抵抗が弱くなっています。刺激の強いスキンケア商品を使っていると、肌が痒くなったり、炎症を起こしたりするリスクが高まるので、あまり刺激になるようなものは与えないように心がけたいところです。この時期は肌が揺らぎやすく、今まで使っていた基礎化粧品が合わなくなってしまうことも珍しいことではありません。炎症がひどい場合には皮膚科にかかり、それまで使用していたものの使用を中止して、低刺激のスキンケアを用いるようにすることで、肌への刺激を軽減することができるのです。
最後に、春先のスキンケアで注意したいのが洗顔です。メイクをしているとついついダブル洗顔をしがちですが、ダブル洗顔は必要な皮脂まで洗い流し、肌のバリアを低下させる恐れがあります。肌のバリアが低下すると肌が痒くなったり、乾燥がひどくなったりと揺らぎ始めてトラブルが相次いで起こります。こうしたトラブルを防ぐためには、ダブル洗顔を中止し、1回でできる洗顔を使用することを推奨します。できれば、ポイントメイクはメイクのリムーバーを使って予め落としておき、強い洗顔料でダブル洗顔をしなくてもいいように工夫をすると良いでしょう。洗浄力の強いものは夏場はさっぱりとした洗い上がりなので使用していて気持ちが良いですが、春先には皮脂を落としすぎてしまうので、肌が乾燥しやすくなります。乾燥肌で悩んでいる人には、この時期には洗浄力の強い洗顔料は避けて、低刺激のものを使うように心がけると良いです。春先というのは肌が揺らぎやすく、思わぬ肌トラブルが起きる事が多々あります。肌の状態が揺らいでいるなと感じた時には、刺激の強いスキンケア商品の仕様を直ちにやめ、低刺激のものに変えること、そして洗顔も優しくすることが重要なポイントです。

ダブル洗顔 , 乾燥肌 , 保湿 , 美容液 , 花粉症