スキンケアの達人

   

スキンケアにおけるクレンジングの役割とは

メイク汚れは簡単に落とせるものではなく、洗顔料で洗うだけでは毛穴を詰まらせる原因となります。汚れを完全にリセットするためには、クレンジングを使用するのがおすすめです。油分による汚れを落とすことを目的としており、オイリー肌やメイクをする人のケアとして欠かせません。洗顔の仕方が肌質に大きく影響してくるのは間違いありません。しっかりと洗顔をしない状態でスキンケアをしても、十分な効果は期待できないです。その理由は浸透力が低下するためで、特に化粧水がうまく浸透しなくなります。保湿された肌を維持するためには、いかに深部まで潤いを与えるかが重要になるわけです。インナードライを解消するためにも、角質層まで保湿させていくケアがポイントになります。

クレンジングによって皮脂汚れはもちろん、角質を除去することも可能です。古くなった角質を残しておく行為は、肌のターンオーバーを崩れさせる要因となります。ターンオーバーを活性化させるためにも、古い角質を除去して新陳代謝を活発にさせていきましょう。代謝に富んだ肌は美肌成分が効率よく機能しますし、デトックス機能も向上しています。身体にとって不要なものを抱えておくことは、肌にとってもよくありません。元気な肌を維持するためにも、デトックス機能を高めていく必要があるわけです。洗顔によって汗やほこりなどの汚れは除去できますが、ギトギトした油性の汚れを落とすには十分なパワーがありません。そこでクレンジングが必要であり、洗顔料と併用することで本来の綺麗な肌状態にできるわけです。

肌にとって油分は欠かせないもので、不足すると肌荒れを招きます。冬場になると肌がかゆくなりやすいですが、その理由は皮脂量が減少するためです。夏場に比べて皮脂分泌が減少するので、肌が乾燥に由来するかゆみが起こりやすいわけです。かゆい状態は健全とは言えず、放置しておくと炎症や湿疹を招くこともあります。オイリーよりも乾燥した状態のほうがバリア機能は低いため、非常に肌トラブルが起こりやすいと考えてよいでしょう。肌を本来の元気な状態に変えていくためにも、スキンケアの始まりとしてクレンジングを活用してください。

オイルタイプのクレンジングは優れた洗浄力を持っており、皮脂汚れを効率的に落とすことができます。皮脂はお湯だけで落とすのは難しいため、油分のパワーが必要になってくるのです。皮脂は時間の経過により固形化する性質があり、そうなると簡単には落とせません。毛穴にフタをすることで、スキンケア用品の浸透力を下げてしまいます。肌にとって適量の皮脂は必要ですが、古くなった皮脂はその日のうちに落としておく必要があります。皮脂量と水分量を適正に維持することが、肌を元気にするコツです。肌トラブルが慢性化しているときは、これらのバランスに問題があると考えられます。適切な皮脂量と水分量を実現するためにも、まずは汚れ落としからスキンケアを始めてください。

リキッドタイプのクレンジングは洗浄力がそれほど強くありません。そのため乾燥肌の人に適しており、適度な皮脂量に調整してくれるでしょう。皮脂はバリア機能を形成するために必要なので、ゼロにするのは好ましくありません。刺激の強すぎる洗顔をすると、肌が皮脂分泌を活性化させることがあります。乾燥肌の人がオイリー肌用の洗顔をすると、肌がカサカサになって余計に皮脂分泌を増やしてしまうケースがあります。人間の肌の特徴として、乾燥肌が継続すると肌が危機感を覚えてしまい、通常より多くの皮脂を分泌させることがあるのです。普通肌の状態を維持するためにも、スキンケアでは油分と水分のコントロールを意識してください。

クレンジング , デトックス , 保湿 , 化粧水