スキンケアの達人

   

スキンケアで保湿をした後に使うのが正しい日焼け止めのステップ

陽射しが強くなるシーズンを迎えると、白い素肌を守る必需品として日焼け止めアイテムは欠かせません。強烈な紫外線から雪のような白い肌を守り切るための優れたアイテムではあるものの、正しい使い方ができていてこその効果です。誤った塗り方をしていると肌を守るどころか、油焼けを起こしたりして効果を十分に発揮できないこともあります。最大限に持ち前のUVカットの底力を発揮できるように、正しい塗り方をマスターすることです。

肌に塗布をするタイミングは洗顔やシャワー後の最初ではなく、基礎化粧品で保湿をしてからなので、十分なスキンケアを施してUVケアをします。汚れを落とした素肌にはまずは化粧水で潤いを与えて、濃厚な美容成分のエマルジョン、そして乳液を塗りますが、通常のお手入れを十分にした上での塗布です。余計な星も汗も落として、素肌には十分な水分と美容成分が浸透をすることで、UVカット成分も素肌にと馴染みやすくなります。

毛穴の奥まで通過するほどの強い紫外線に立ち向かう、それなりの刺激の強い成分も日焼け止めには含まれるので、肌を保湿したうえで使用をすることは肝心です。十分に潤いで満たされていることで、強力なUVカット成分で肌がハードに乾燥をしたり、肌荒れをすることにもなりません。反対に洗顔だけして直にUVカットクリームなどをダイレクトに塗布すると、潤いが足りない皮膚にとって刺激が強く、皮膚を乾燥させてしまうことがあります。

たっぷりの保湿ケア後にファンデーションやパウダーを塗り、綺麗にメイクを施したいのであれば、UVカットアイテムは化粧下地を使う前に塗るのが正しい順序です。うっかり化粧下地を塗布して、それからUVカットクリームなどを塗ると、その後もパウダーやファンデーションのノリがイマイチになってしまいます。

冬の寒さと穏やかな日差しとは打って変わって、初夏から夏本番の陽射しは強烈で、冬の木漏れ日のような穏やかさは持ち合わせてはいません。一歩外に出れば容赦なく陽射しは攻撃をしてきますので、外出の直前にUVカットクリームを塗るのではなく、時間に余裕をもって塗っておくことです。素肌に塗布をして効果を発揮するのは、塗ってすぐではなく皮膚に馴染んでからになります。

ほんの数十分は時間がかかりますので、出掛ける時には20分から30分前の時間を逆算して、少し余裕をもって早めにUVカットクリームやジェルを塗布することです。特に真夏の時期は塗ってすぐに外へ出るのは少し危険であり、まだ皮膚に馴染んでいないので強い陽射しにより、オイル焼けをして肌が黒くなってしまうこともあります。

顔以外であれば首や腕に脚など、露出をする部分にも塗ることになりますが、べたつきを気にして気持ち悪さを感じるケースも少なくはないです。そんなときには顔みたいに、パウダーファンデーションやパフはのせられないとしても、ベビーパウダーを軽く叩いておけば、肌はサラッとした状態になります。

1回分は適量を心掛けるものの、意外と顔に塗布をする適量は多めです。しかし1回で塗りきろうとはしないで、顔は凹凸があることから、2回に分けて馴染ませて塗るのがコツになります。肌に塗布をした直後は白っぽくなるとしても、時間と共に馴染み白さは気にならなくなりますので、使うアイテムごとの適量を理解して、馴染ませることも大切です。

液状のミルクタイプのUVアイテムであれば、目安として知っておくべき適量は500円玉大くらい、クリームタイプならばパール大2個を目安にします。最初に半分の量を顔全体へ塗布して、指でソフトタッチで馴染ませて、2回目も優しく重ねて塗布をするのが顔への日焼け止めの正しい塗り方です。

保湿 , 化粧水 , 日焼け止め